Blogブログ

徳島南部をデザイン中!

標準工事費コミコミ価格への挑戦

アーバンデザインのショールームは原則価格表示です

 

リフォーム工事にありがちな、「現場見ないとわかんないですね」「やってみんことにはわからんなぁ」というやりとり。建設会社の言い分としては、それが一番すなおで、誠実な対応だからそういわざるをえないというとことはあります。ですがリフォームを頼む側からしたら、そんなことでは困りますよね。品物のおよその値段、相場もわからないのに、それに加えて工事の費用もさっぱりわからない。なにもかもがブラックボックスで、「時価」なんて書かれているお店でドキドキしながら食事をするような緊張感は、私には耐えられません……。ましてやリフォームって結構まとまった金額になりますから。

 

不安を抱かせると知ったうえでなにもしないのも、やっぱり不誠実だと思うんです。ですので、私たちは「標準工事」を基準に、総額でいくらになるかわかりやすいコミコミ価格の値札をつけることにしました。これには業界の慣習から考えれば、反対意見ももちろん出てきます。キッチンなどの設備は同じ形ですが、設置するお宅はどれも一点もの。標準工事といっても、そこから漏れるものも結構あるんです。だから、つけたってムダだとか、いろいろ反対する理由はあるみたいです。

 

でも、無理を承知でつけることにしました。さきほどもお伝えしたとおり、値段がわからないものを頼むのは「怖い」からです。私だったら怖くって頼めません。

だから、値札をつけました。

(税別表記なのは、もうすぐ消費税が上がるからです。軽減税率がどうなるかなども話しあわれているようなので、いまは税別でお願いします。ご不便をおかけします)

 

標準工事以外の費用が必要なときは必ず見積りいたします

 

あと、一点ものの住宅ですから、外壁をやりなおす、排水ごと取り替える、運搬車両が入れない、足場が必要……といった標準外の工事が必要な場合は、必ずお見積りを差し上げます。みなさんもリフォームで嫌な思いをしたという方のお話を聞いたことがあると思います。「勝手に工事をされて、余計なものの費用まで請求された」というお話です。こんなことは、プロとしてあってはいけないのですが、なかなかゼロにならないようなんです。それが怖くって、どうしてもリフォームに踏み切れない。不便を我慢している……。そんな方のために、わかりやすいお見積りをお出しすることにしました。

 

商品代金と標準工事費がコミで、追加工事が必要な場合はその旨を伝えて、改めて総額となるコミ価格を確認していただきます。これがアーバンデザインのコミコミ価格です。不安を抱えたままリフォームなんてできません。そこを見ないふりして工事をするなんて、プロ失格だと思います。私たちは、住まいの不満とリフォームの不安、一緒に解消できると確信するまで、工事に着手することはありません。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

リフォーム実例・ショールーム

アクセスマップ